自然を求めて

美しいものを探して夢を見ています。絵画・写真・ゲームの世界などなど。そして・・なぜか・・アフィリエイトに漂流しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水口博也Hiroya MINAKUCHI + 限りなく青い海と生き物たち

水口博也Hiroya MINAKUCHI
写真家・科学ジャーナリスト


タテゴトアザラシ480/ Hiroya

http://www.ne.jp/asahi/sphere/1/Gallery/Seal/HS/hs008.html


信じられないくらい海が青く
イルカが戯れてさらに青く

真っ白なアザラシの赤ちゃん
透明なクラゲにシャチ

不思議な不思議な海の世界
クリスマス島の赤いカニ


日立 世界ふしぎ発見!
クリスマス島 驚異のアカガニ大行進






水口博也 Hiroya MINAKUCHI
写真家・科学ジャーナリスト

1953年 大阪生まれ。
1978年 京都大学理学部動物学科卒業後、
出版社にて自然科学系の書籍の編集に従事しながら
海外の研究者とともにクジラ・イルカなど
海棲哺乳類の調査・撮影を行う。

1984年 フリーランスとして独立し撮影と執筆に専念する。
以来、世界中の海をフィールドに、動物や自然を取材して
数々の写真集を発表。自然科学をテーマにした著書も多い。
1991年 「オルカ アゲイン」で講談社出版文化賞写真賞受賞。

1年の半分を海外のフィールドですごし、残りの日本での半年を、
出版、テレビ番組、ビデオ、CD -ROM製作など精力的に活動の場を広げる。
1997年 長年の構想であった自身で編集発行する
海のグラフィック誌「スフィア」を創刊。
2000年 写真絵本「マッコウのうた--しろいおおきなともだち」で
第5回日本絵本大賞受賞。

2003年 はじめての長編フィクション「リトルオルカ」を発表。
近年は地球の海洋全体を視野に入れ、
サンゴ礁から南極圏、北極圏まで
より広範囲にわたる取材を展開している。
最新刊は写真絵本「ノチョとヘイリ---ある母子イルカの物語」
(シータス刊)。




リトルオルカ

リトルオルカ


謎に満ちた異邦の仲間と出会い、故郷を旅だったスノウが、
外海の果てしない広がりのなかで見たものとは…。
その異郷の地で知った一族の秘密とは…。
清冽な言葉で語り紡がれる、海の壮大な叙事詩。






【GLOVA】 在宅翻訳インターン募集


so-net blog会員登録


リフォーム雑貨.com 商品購入


楽天クレジットカード
スポンサーサイト

テーマ:写真集 - ジャンル:本・雑誌

この記事に対するコメント

こんにちは
http://roo.to/bloog-ranking/で取り上げられていたので、見にきました。僕もブログやろうかなと思っているのですが、難しそうで、なかなかやれていません。今はランキングサイトとかをみて勉強中なんです(><)また見にきますね!ではでは(^^)ノシ
【2006/02/05 00:00】 URL | 鈴木 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿
















プロフィール

collet






クリックで救える命があります。無料で募金が出来ますので、ぜひ応援してくださいね。

  • List Me! 私を登録して下さいね
  • 【Nikon Coolpix 2200】/ 撮影
  • Author:collet
  • 全記事(数)表示

    全タイトルを表示



    verti-cal


    2017 / 08
    -6132027
    -7142128
    18152229
    29162330
    310172431
    4111825-
    5121926-


    楽天ブックス http://books.rakuten.co.jp/afa8/
    楽天ブックスで
    あなたの欲しい本を探そう!


    月別アーカイブ
    カテゴリー
    最近の記事
    リンク
    写真 リンク
    - HARMONY -
    ブロとも申請フォーム
    検索いろいろ


    Google
    Web 自然を求めて


    クリックで救える命がある




    最近のトラックバック

    希望☆トラックバック
    最近のコメント
    利用ASP
    ランキング
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    RSSフィード
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。